コーヒーと痛風

 

コーヒーを毎日6杯以上飲んでいる人は、
飲まない人と比べると、痛風を発症するリスクが、
半分以下になる。
という研究報告があります。

 

注意

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用のほかに興奮作用もあります。
胃の弱い方や、病気の種類によっては、制限されることがあります。

 

さらに、コーヒーにはシュウ酸が含まれていて、
体内にシュウ酸が吸収されると、カルシウムと結合して
腎臓や尿管内で結石のリスクが高まります。

 

しかし、コーヒーに含まれるシュウ酸は、189.5度で分解されるので、
焙煎の温度が200度以上なら、シュウ酸の心配がありません。

 

高温焙煎されたコーヒー豆にはシュウ酸が分解されていて、
そのコーヒーをひいて飲むのは、結石などの原因にはなりにくいです。

 

私自身も何十年も高温焙煎されたブラックコーヒーを飲まれていますが、
結石には縁がないです。

 

低温で焙煎されたコーヒーは、
高温で焙煎されたコーヒーよりも糖度が高いので、
甘味があり、まろやかな酸味・まろやかな苦味という味わいになります。

 

低温で焙煎されたコーヒーは、
飲み過ぎると尿路結石のリスクを高めてしまいます。

 

尿酸結石のある人は、低温で焙煎されたコーヒーを避けて、
高温で焙煎されたコーヒーを選びましょう。

 

 

コーヒーにミルクを入れても大丈夫?

コーヒーミルクと痛風

 

ミルクや牛乳は、尿酸値に影響しないので、
コーヒーにミルクを入れても大丈夫です。

 

牛乳に含まれるタンパク質の一種であるカゼインとラクトアルブミンは、
尿酸を排泄を促す作用があります。

 

コーヒーと田七人参で相乗効果

 

 

田七人参サプリを購入してみました

白井田七を購入した理由は、

サポニンが尿酸をデトックス。
高麗人参の約7倍入っている!

このキャッチフレーズに引かれました。

 

 

飲んだ感想は、苦いです。
良薬は口に苦し。といった感じです。

 

半年飲んで体への変化は?

  • 白井田七のサプリを飲んでから、痛風が再発していません。
  • 体重が落ちました。ダイエットしたのではなく、自然に体重が軽くなりました。
  • 疲れにくい体質になり、風邪を引かなくなりました。

 

 

広告概要
『(株)和漢の森』の有機田七人参は、
有機JAS認証済みの田七人参と有機玄米で使用し、
100%オーガニックな健康食品。

さらに、この会社が販売している田七人参は、一切の農薬を使わず有機栽培されています。

体のめぐりをサポートする「サポニン」が高麗人参の約7倍含まれる。

『(株)和漢の森』の田七人参サプリは、健康サポートするビタミン・ミネラル・アミノ酸の豊富に含まれているから、
「健康診断が気になる」「更年特有が気になる」の方などにオススメの商品です。

 

【送料・保証】
送料無料:定期購入 or 4500円以上
返金保証:有り(15日間)

 

【お支払い各種】
クレジット:VISA,Master,JCB,Diners,AmericanExp
コンビニ決済:有り
郵便振替:有り

 

なぜ田七人参サプリが、痛風の方の多くに人気なのでしょうか?

田七人参に多く含まれているサポニンは、さまざまな効能があるからです。
特に、その一つに、肥満予防(動脈硬化、糖尿病予防)があります。

痛風にも直接ではないにせよ、肥満を解消して高尿酸血症を予防して
尿酸の発生を抑えることが期待できそうです