痛風と間違う病気

 

痛風と似た症状でも、治療法は全く異なる病気があります。

自己判断せずに、診断してもらうことが大切。

 

 

慢性関節リウマチ

女性に多く、関節が痛む。

痛風に良く間違われるのは、慢性関節リウマチです。

痛風は尿酸が原因ですが、慢性関節リウマチは原因不明です。

痛風もリウマチも関節が痛む病気です。

痛風は、男性に多く起きるのに対して、リウマチは女性に多いです。

痛風は、一つの関節が痛くなることが、ほとんどですが、
リウマチは、いくつかの関節が同時に、また徐々に痛むことが多いです。

 

痛風は、急に激しく痛み、1週間ほどで痛みが消えてゆくのに対して
リウマチは、じわじわ痛み、痛みがなかなか消えません。

 

リウマチの場合は、最初に手の指や関節が痛みはじめ、
そのあとに、全身に広がってゆくのが特徴です。

 

 

外反母趾症

親指のつけ根が痛み、女性に多い。

ハイヒールを履く女性に見られる病気です。

外反母趾の女性の足

 

つま先に負担のかかる靴などを履いていると起こりやすい炎症。

 

 

偽痛風(関節軟骨石灰化症)

結晶化する物質が、痛風とは異なります。

名前のとおり、関節炎の起こり方が痛風発作によく似ています。

痛風は、尿酸が原因に対して、
偽痛風は、ピロリン酸カルシウムと呼ばれる結晶化が原因です。

60歳以上の人に発症例が多く、
ひざや股関節、足首といった大きな関節も起こります。

レントゲンで軟骨の石灰化が認めれるのが特徴です。

 

 

化膿性関節炎

急激な炎症で、痛みが長く続く。

ブドウ球菌、結核菌、大腸菌などが原因で起きる関節炎です。

急激な炎症なので、痛風発作と区別がつきにくいです。
また、痛風のように赤く腫れる点も似ています。

しかし、化膿性関節炎の場合は、炎症が慢性的に長引くのが特徴です。

 

 

白井田七の田七人参サプリを購入してみました

白井田七を購入した理由は、

サポニンが尿酸をデトックス。
高麗人参の約7倍入っている!

このキャッチフレーズに引かれました。

 

 

飲んだ感想は、苦いです。
良薬は口に苦し。といった感じです。

 

半年飲んで体への変化は?

  • 白井田七のサプリを飲んでから、痛風が再発していません。
  • 体重が落ちました。ダイエットしたのではなく、自然に体重が軽くなりました。
  • 疲れにくい体質になり、風邪を引かなくなりました。

 

 

広告概要
『(株)和漢の森』の有機田七人参は、
有機JAS認証済みの田七人参と有機玄米で使用し、
100%オーガニックな健康食品。

さらに、この会社が販売している田七人参は、一切の農薬を使わず有機栽培されています。

体のめぐりをサポートする「サポニン」が高麗人参の約7倍含まれる。

『(株)和漢の森』の田七人参サプリは、健康サポートするビタミン・ミネラル・アミノ酸の豊富に含まれているから、
「健康診断が気になる」「更年特有が気になる」の方などにオススメの商品です。

 

【送料・保証】
送料無料:定期購入 or 4500円以上
返金保証:有り(15日間)

 

【お支払い各種】
クレジット:VISA,Master,JCB,Diners,AmericanExp
コンビニ決済:有り
郵便振替:有り

 

なぜ田七人参サプリが、痛風の方の多くに人気なのでしょうか?

田七人参に多く含まれているサポニンは、さまざまな効能があるからです。
特に、その一つに、肥満予防(動脈硬化、糖尿病予防)があります。

痛風にも直接ではないにせよ、肥満を解消して高尿酸血症を予防して
尿酸の発生を抑えることが期待できそうです