アルコール痛風

 

アルコールは、尿酸をたくさん作り、排泄力を低下させる。

 

特に、プリン体を多く含むビールは、
飲み過ぎると痛風発作を引き起こすこともあります。

 

 

プリン体が少ないお酒は?

焼酎

 

焼酎・ウイスキーは、プリン体が少ない

 

痛風の人に、アルコール好きが多いのは、よく知られています。
プリン体を多く含む量としては、ビール、日本酒、ワインの順で多く、
ウイスキーや焼酎などの蒸留酒には、少ないようです。

(蒸留酒とは、ウイスキー・ブランデー・焼酎など発酵したお酒を
 さらに蒸留してアルコール度を高めたお酒のことです。)

しかし、プリン体が少ないから!と言って焼酎など、飲み過ぎは要注意。

 

アルコールには、尿酸値を上げる作用がある!

 

 

毎日飲む人ほど、痛風になりやすい

ビール

 

アルコールを毎日飲む人は、尿酸値を上げて、
その状態がキープされ、痛風発作が起こりやすくなります。

 

痛風にかかる多くの人が、お酒好きで、
しかも、大量にアルコールを飲んだ後や、
翌日に発作が起こす例が多いです。

 

 

痛風の発作が夏場と年末年始に多い理由

痛風の発作を起こすのは、ビールの消費量が多い夏場と、
年末年始に多いです。

 

アルコールは、どんな種類でも尿酸値を高めてしまいますが、
ビールはプリン体を多く含むだけに、痛風発作を引き起こしやすいです。

 

 

尿酸をデトックスする白井田七のサプリ

白井田七を購入した理由は、

サポニンが尿酸をデトックス。
高麗人参の約7倍入っている!

このキャッチフレーズに引かれました。

 

 

飲んだ感想は、苦いです。
良薬は口に苦し。といった感じです。

 

半年飲んで体への変化は?

  • 白井田七のサプリを飲んでから、痛風が再発していません。
  • 体重が落ちました。ダイエットしたのではなく、自然に体重が軽くなりました。
  • 疲れにくい体質になり、風邪を引かなくなりました。

 

 

広告概要
『(株)和漢の森』の有機田七人参は、
有機JAS認証済みの田七人参と有機玄米で使用し、
100%オーガニックな健康食品。

さらに、この会社が販売している田七人参は、一切の農薬を使わず有機栽培されています。

体のめぐりをサポートする「サポニン」が高麗人参の約7倍含まれる。

『(株)和漢の森』の田七人参サプリは、健康サポートするビタミン・ミネラル・アミノ酸の豊富に含まれているから、
「健康診断が気になる」「更年特有が気になる」の方などにオススメの商品です。

 

【送料・保証】
送料無料:定期購入 or 4500円以上
返金保証:有り(15日間)

 

【お支払い各種】
クレジット:VISA,Master,JCB,Diners,AmericanExp
コンビニ決済:有り
郵便振替:有り

 

なぜ田七人参サプリが、痛風の方の多くに人気なのでしょうか?

田七人参に多く含まれているサポニンは、さまざまな効能があるからです。
特に、その一つに、肥満予防(動脈硬化、糖尿病予防)があります。

痛風にも直接ではないにせよ、肥満を解消して高尿酸血症を予防して
尿酸の発生を抑えることが期待できそうです